ロシア×オランダ 準々決勝 ユーロ2008

優勝候補の大本命だったオランダが、1-3でロシアに敗れました。

好調なグループリーグの時とは別のチームになってしまったかのようなオランダに正直驚きましたが、それ以上にロシアのチーム戦術とプレーの連動性が素晴らしかったですね。

オランダの特徴でもあるサイド攻撃を見事に封じ込め、人数もたくさんいて分厚い守備になっている中央に攻撃陣を誘導させるという、サイド攻撃を得意とするチームと対戦する時のお手本のような戦い方だったと思います。

そして連動性の部分でも、1人の選手がパスを受ける瞬間にもう1人の選手がすでに動き出しているという「3人目の動き」が出来ていたロシアに対し、ボールを持った選手へのフォローが遅く、個人の能力で突破せざるをえない状況となってしまい、結果的に選手1人1人が孤立する場面が多くなってしまったオランダといった感じでしょうか。

個々の能力だけを考えればオランダの方が上(もちろんロシアにも良い選手はいます)だとは思いますが、ロシアの方がチームとしての戦い方における約束事が徹底されていましたね。

「オランダの特徴をうまく消しながら、ロシアの組織的なサッカーで主導権を握る」

それがロシア代表監督である名将ヒディングの意図した戦い方であれば、作戦通りの展開だったんじゃないでしょうか。

準決勝も本当に楽しみです!
スポンサーサイト