スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和レッズvsFC東京 2009年Jリーグ第2節

レッズはFC東京に気持ちよく勝ちましたね。

前節では攻から守への切り替えの遅さでカウンターから失点してしまい、その後も再三決定的な場面を作られてしまいましたが、その部分についてもきっちりと修正できていたと思います。

まぁ、もともとレッズの選手達は個々の能力が高いですから、カウンターへの意識を少し持つだけでも簡単に崩されることは無いと思いますけど。。。

得点シーンに関しては、1点目も3点目も素晴らしいゴールであることは言うまでもありませんが、僕が圧巻だと思ったのは、2点目を演出したポンテ選手のラストパスですね。

ディフェンダーの立場からすると、ポンテ選手が右サイドでボールを持った瞬間に一番警戒するのは、ディフェンダーとキーパーの間のスペースだと思います。
(レッズの失点シーンのようなオウンゴールの可能性も高くなってしまいますからね)

パスの出し手からすると、そのスペースに早いボールを出したいのですが、今回のように雨の影響でボールが滑りやすい状況では、普段と比べてパスの感覚が違ってきます。

ゴロの早いボールだと、パスの受け手がタイミングを合わせることが難しくなってしまいますし、かといって遅いボールではディフェンダーにカットされてしまいます。

そこで、パスの受け手もシュートしやすく、相手ディフェンダーにとっては嫌なエリアにパスを出すには、ポンテ選手が出した浮玉のピンポイントパスが最も有効ですね。

空間把握能力や自分の考える場所に正確にボールが蹴れる技術を持っていることが大前提ではありますが、一瞬の状況判断の中からあのパスが出せるのは凄いと思います。

試合内容もさることながら、まずは今年チームとして狙っているサッカーを貫き、良い形で勝利できたということが、サポーターのみならず、選手、スタッフにとっても非常に大きいような気がしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。