スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーリング

バンクーバー五輪盛り上がってますね。

その中でも今ハマっているのはカーリングです。

最初はそれほど注目していませんでしたが、一度試合をテレビ観戦してからイメージが変わりました。

カーリングは「氷上のチェス」と呼ばれているそうですが、緻密な作戦とその作戦を実現させる針の穴を通すようなショットは本当にスゴいですよね。

mm単位の差で大逆転したり勝敗が分かれるところなども非常に面白いです。

そして、今回のオリンピックで実は密かに楽しみにしていることが2つあります。

1つめは選手達の声です。

国際大会だから日本語で話すのは問題ないのかもしれませんが、けっこう大きな声で次のショットの作戦を話し合うんですよね。

専門用語が飛び交うので全ては理解できませんが、真剣勝負をしている選手達の声というのは臨場感が伝わってきます。

そして、もう1つ楽しみなのはテレビの解説です。

序盤はおさえめなんですが、終盤の大事な場面に突入してくると解説の方が物凄いテンションになってくるんですよね。

接戦の試合だとよりハイテンションですので、興味のあるかたはぜひご覧ください。

ちなみに私はその解説がお気に入りです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。