スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッズvsマリノス

レッズは0対2でマリノスに敗れて連敗になってしまいました。

前節のベガルタ戦に続き堅守速攻のチームをなかなか崩せない感じですよね。

そもそもプロ同士の試合でガチガチに守ってくる相手を崩すのは容易なことではないです。

グランパスのように攻撃的にきてくれれば相手ディフェンダーの裏にスペースができるため、今のレッズの強みである両サイドがより活かされると思います。

ところが相手にガチガチに守られてしまうと、攻撃時にスペースがなくなるため前線の選手は足元でボールを受ける回数が多くなってしまいスピード感がなくなります。

対応するディフェンダーの気持ちからすると、スピード感のある相手の攻撃で一番怖いのは自分達の裏のスペースなんですよね。

逆に言えば、自分達の目の前で相手がチョロチョロボールを回しているだけではディフェンダーは脅威を感じないものです。

では何で脅威を感じるかというとやはり「シュート」なんですよね。

例えガチガチに守っていたとしても、どんなスピードでどんな軌道を描くか分からないシュートというのは嫌なものです。

精度の高いミドルシュートが増えてくるとディフェンダーもプレッシャーをかけに行かざるをえませんし、その結果ギャップとスペースが生まれ田中選手や原口選手が得意とするドリブルも効果的になると思います。

ガチガチに守られたらまずはミドルシュートを打ってみてほしいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。